FC2ブログ
    Storyboardを使用して画面遷移を作成

    Storyboardを使用して簡単な家計簿かもしくは、小遣い帳のようなアプリを作ろうと思っています。
    当初はStoryboardを使用しないつもりでしたが、なかなか難しく出来そうもありませんでした。Storyboardを使用すると画面作成がとても簡単に出来まとりあえず、こんな感じに画面周りだけ作ってみました。
    TubBar ControllerをルートにしてNavigation Controllerと TableView Controllerを挿入しました。



    中身は少しづつ作って行きたいと思います。

    参考にしたサイト
    http://www.raywenderlich.com/5138/beginning-storyboards-in-ios-5-part-1

    にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
    スポンサーサイト



    [2013/04/19 07:02] | アプリ開発 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
    iOS6 Xcode4.5対応の書籍購入

    しばらく休んでいる間にiPhone5が発売され、またiOS6がリリースされました。それに伴い開発環境のXcodeも最新の4.5をインストールしたばかりでしたが、それから2週間も経たないうちに、Xcode4.6がリリースされました。
    Xcode4.6に対応した書籍は当然まだ無いし、これから出版されるとしても数ヶ月後になるだろうと思われます。そのため暫くは4.5のままで進めようと思います。


    iOS及びXcode4.5に対応した書籍を新たに購入しようと思い、近くの書店を何件か見て回りましたが、あまり多くは有りませんでした。
    その中でも結構詳しく分かりやすそうだったiPhone/iPad/iPod touch プログラミングバイブル iOS 6/Xcode 4対応 (smart phone programming bible)を購入する事にしました。
    実際に見て良さそうだったのもありますが、Amazonでのレビュー(現在のバージョンのレビューはまだ有りませんでしたが、同名の前のバージョンのレビューを参考にしました)が、結構良かったのでこれに決めました。


    暫くはこの書籍に沿って進めて行こうと思います。仕事も忙しくあまり時間がとれない状況ですが、二ヶ月ぐらいで終らせ、その後は実際にアプリを作りながら勉強を進めて行きたいと思っています。
    にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
    [2013/02/01 00:11] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
    アプリ開発の勉強再開

    様々な理由が有って半年ぐらい勉強を休んでいました。理由を挙げれば切りが無いのですが、仕事が忙しく時間が取れなかった事が最大の理由です。また、iPhone5が発売されiOS6がリリースされた事により開発環境が変わって来たことも予想されたので、様子を見ていたのも有ります。

    しかし、このままでは挫折してしまいそうな気がするので、勉強を再開する事にしました。少しずつでも前進出来るように頑張りたいと思います。

    最新のXcode4.5.2インストール

    再開するにあたり、Xcodeを最新のバージョンに入れ換えました。以前のXcode4.2ではiPhone5及びiOS6に対応してないので最新のXcode4.5に入れ換えて、もう一度最初からやり直す事にしました。

    教材も新しいものに

    幸いにXcode4.5及びiOS6対応の書籍もいくつか出ているようなので、その中から適当なものを選んで、それに沿って進めようと思ったのですが、なかなか選べないでいます。
    とりあえず、Apple公式のドキュメントに初心者向けのチュートリアルがあったので、それに沿って進めているところです。
    初めてのiOSアプリケーション

    にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
    [2013/01/19 00:54] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
    無線LANルーター追加購入

    先日、家電量販店に立ち寄ったのですが、以前から欲しいと思っていたBUFFALO エアステーション ハイパワー Giga 11n/g 450Mbps対応 無線LANブロードバンドルーター WZR-HP-G450HAが安くなっていたので思わず買ってしまいました。

    この機種を欲しいと思った理由はいろいろ有るので下記にまとめてみました。

    1.
    現在使用しているルーターが結構古めの物で機能的に劣ること。
    今回購入した機種は高速・ハイパワーで、またUSB接続によりHDDかプリンターを複数のPCで共有出来る機能があります。

    2.
    パソコンが3台とスマートフォンが4台それにDS、WII、PSP、PS3などWi-Fiを使用する機器が増えてきて同時に使用すると繋がりにくくなること

    3.
    3台のパソコンでプリンターを共有したかったため(現在のままでもネットワーク対応のHDDにプリンターを接続すれば可能ですが、速度が遅すぎて使い物になりませんでした。今後は新しいルーターにプリンターを接続し、ネットワーク対応HDDにはバックアップ用に外付けHDDをUSBで接続しようと思っています)

    AirStation設置

    早速、設置しようと思い開封しましたが、説明書類が結構たくさん入っていました。簡単に目を通してとりあえず配線を済ませました。
    説明書にはAOSSを使用しての設定方法や付属のユーティリティのインストール方法等色々書いてありましたが、手動で設定する事にしました。
    理由は二つあります。一つ目は、付属のユーティリティソフトをなるべくインストールしないためです。インストールするとメモリに常駐するため、処理速度が落ちてしまうためです。
    二つ目は、手動の方が簡単に設定出来るためです。Macの場合はメニューバーにあるWi-Fiのアイコンをクリックして表示されているSSIDを選択、そして本体に記載されているパスワードを入力するだけです。Windousの場合も基本的には、同じです。タスクバーのネットワークアイコンをダブルクリックするかネットワークと共有センターからSSIDを選択し、パスワードを入力するだけです。PS3等のゲーム機でも同じように設定出来ます。

    プリンターの共有

    USBでプリンターを接続すれば共有出来ると思っていましたが、説明書を見ると共有するためのソフトが必要なようです。個別にインストールする事が可能なので、必要なソフトのみインストールしました。
    これでプリンターの共有が可能になりました。処理速度も以前ネットワーク対応HDDを通して共有した時に比べると格段に早くこれなら使えそうです。

    通信速度・飛距離

    通信速度は450Mbps対応なので、結構期待していたのですが、実際はパソコン側の規格に左右されるようです。450Mbpsで通信するには、450Mbps対応の無線子機を購入するか450Mbps対応のパソコンにするしか無いようです。
    今我が家で使用しているMacBookでは117Mbps、VAIOでは54Mbpsで前のものと全く変わりありませんでした。

    MacBookでは数字の上では倍の速度になっていますが、実際使用した感じでは、少しは早くなった気がする程度です。また、ハイパワーという事で広範囲に繋がるのかと期待しましたが、こちらも以前の機種とそれほど大きな違いはありませんでした。

    しばらくは、2台のルーターで分散して使用するつもりです。プリンターも共有出来たので当初の目的は達成出来たかなと思います。
    にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
    [2012/07/13 12:22] | 共有とバックアップ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
    MacBookが起動不能に

    現在使用中のMacBookが起動出来なくなってしまいました。アップルマークが表示され途中までは進みますが、英語と少しだけ日本語の混じったメッセージが表示され先に進みません。

    メッセージ全ての意味は解りませんが、どうやらOS Xに問題が発生したためスイッチを一旦切ってから再びスイッチを入れて下さい。という趣旨の様です。
    もちろん試してみましたが同じことでした。

    OSはLionにしてるのでHDD内にリカバリー領域が有りますが、この状態でリカバリー出来るのか? また、リカバリー出来たとしてもデータは全て消えてしまいます。重要なデータはネットワーク対応の外付けHDDで管理してるし、連絡先などはiCloudにバックアップして有るので、それほど影響は無いように思いますが、何か後で必要になるものがありそうで、少し心配です。

    HDD交換

    その様な理由でHDDを交換する事にしました。容量は今までと同じ160Gもあれば十分なので安く買う事が出来ました。
    MacBookの場合HDDの交換は非常に簡単で、バッテリーを外し、ネジを3本外せばすぐにHDDが外せます。

    OS X Lion インストール

    Lionのリカバリーディスク等は作ってなかったので、SnowLeopardを先ずインストール、アップデートした後AppStoreよりLionをダウンロード、インストール、アップデート
    この様な手順でインストールしましたが、結構時間がかかりました。

    HDD生きていた

    Lionをインストールした後、外したHDDをUSBで接続して見ましたが、データを読み込む事が出来ました。OSだけが壊れたのか、それともハードの一部が壊れたのかわかりませんが、データは無事だったので必要になったらいつでもコピー可能なので安心しました。

    Xcode4.2 インストール

    次にXcodeをインストールします。現在のバージョンはXcode4.33ですが、今まで使用していたXcode4.2をインストールしたいと思います。
    以下のURLから必要なバージョンのXcodeをダウンロードする事が出来ます。但し、iOS Dev Centerに登録済みのApple IDが必要です。

    iOS Dev Center Xcode Downloads

    Time Machine

    OS X LionにはTime Machineというバックアップ機能が、備わっています。私は特に必要無いかなと思い今まで使用していませんでしたが、今回の件で利用を検討して見ようかと思います。
    Time Machineでどれだけ復旧出来るのかは疑問がありますが、面倒な手続きが少なくなると思います。
    にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
    [2012/06/27 23:09] | MacBook | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
    | ホーム | 次のページ>>